FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
西伊豆の松崎。それほど詳細な知識もなくふっと立ち寄っただけの
街だったがその建築物や左官、西洋アートに対する住民の皆さまの
熱い思いが伝わるような、サプライズの街でした。

立地的に交易が盛んで絹織物の生産地であり、必然的に裕福な商家が
あったようです。大事な資産を火災から守る為に漆喰、土壁塗り、また更に
なまこ瓦を張り巡らしその目地に網目のように石灰を盛り上げ、火災
から資産を守ったとの事でした。


呉服屋の土蔵。扉裏の竜のこて絵は長八作
NEC_0226.jpg

明治時代の木造建築で障子や欄間の細工が大変美しい
NEC_0228.jpg

街中の住宅の換気口でユーモラスに遊んでいます。
NEC_0220.jpg


古くなった漆喰壁にさりげなくアートがされてました。
NEC_0215.jpg



手前が警察、奥が留置場だった建物。モダンでした。
NEC_0210.jpg


小学校の裁縫室の欄間かべには長八の鶴のこて絵。印象的な青い空と雲。
NEC_0242.jpg


アール窓を内側からみたところ。
NEC_0248.jpg


山梨県にあった小学校の写真。モダンです。
NEC_0240.jpg


小学校の正面バルコニーを見上げたところ。
NEC_0238.jpg


なまこ壁とアール窓、和風と西洋建築が微妙にマッチした明治時代の
需要文化財小学校建築物。
NEC_0236.jpg


重要文化財指定の明治時代の木造小学校

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ree717.blog49.fc2.com/tb.php/275-0e68f5c4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。