上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この会は、かつて長きに渡った江戸徳川の時代から
現代の徳川の末裔の方々が組織して運営している会
です。

「徳川ミュージアム」はかつての徳川家ゆかりの建築、
庭園などを維持し管理していくのが趣旨のようで、
スライドで映しだされた映像は、建築的にも興味を
惹かれました。

会場の東海大学校友会館の35階は沖縄関係の会合で
よく利用しますが、この30階は又利用する団体が
限られているようでした。

天井、間接照明のロートアイアン装飾など、贅沢な
仕様が施されています。

天井間接照明前に施されたアクセント
NEC_0865.jpg

会場全体の雰囲気

スポンサーサイト
 人の御縁とは不思議なものを感じます。

 昨夏、中野の小さな芝居小屋に藤木さんの一人芝居を
見に行きました。まだまだ物が豊かでない沖縄での子供の
頃の遊びや人間関係など生き生きとした語り口で、1時間半
があっという間に過ぎました。

 ほんんわりと温かい語り口から、今の沖縄や日本社会を語ら
れると、思わず頷いてしまうような不思議な説得力を持った
方だなーと、一度話をしてみたいと思っておりました。

 数ヵ月後の昨日、ラジオ沖縄の「ヤマトde沖縄タイム」という
番組取材でその藤木さんが来所なさり、1時間話ができましたが、
その聞き上手ぶりにまた感心をしました。

 ご出演の映画でも、微妙な心理状況をうまく演じていく役どころ
が多いのも、人が好きで人を温かく見守っている藤木さんの人柄に
よるものだと改めて思いました。

事務所のゲストブックに記載中の藤木勇人さん
藤木さん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。