FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 練馬、RiverCafeさん第一回目のフリーマーケット開催。

毛糸の作品やコットン製の小物、シルバーアクセサリ、手作り
クッキーやケーキなど、開店した朝からお客様が集まり、なか
なかの滑り出しをみせました。

出展者の方々も交流中
NEC_0176.jpg


四国で造られカフェ食器にも使用の夢幻窯のうつわ
NEC_0174.jpg


シルバー粘土で制作されたアクセサリー

スポンサーサイト
知念さんにとってはこの夜が沖縄県感謝の夕べ最後の
任務であり、リタイヤ前の最後の東京出張となりました。

 沖縄県の振興に寄与した企業、個人に対して沖縄県が
毎年大阪、東京で感謝の夕べを開催してきました。復帰
40周年の年という節目の今年からは1部:ビジネスプレゼン、
2部:沖縄ナイトと更に拡大プロモーションを繰り広げて
いきます。感謝の夕べの頃は良く副知事の隋行で知念さんが
会場を飛び廻っていたのを思い出します。

 沖縄県庁に在任中は、国際交流や文化観光スポーツなど
常に沖縄県政策の中心セクションで重責を負いながら奮闘
してきた人物です。

 リタイヤ後しばらくは、海外を転々と旅したいとの知念
さんのお話でしたが、この写真中3人は高校同期という事
で、図らずもりタイヤする同期への送別会となりました。

RUBY CAFE SHINAGAWA

 海外ではよく見かけるインテリアですが、意外と
日本のホテルでは生花のディスプレイが少ないと
思います。

 これも外資系シャングりラだからの効果でしょうか。
エントランスやロビーに春らしい花が活けてあります。

 フラワーアレンジメントは海外のデザイナーです。


1Fエントランス廻りのフラワーアレンジメント
NEC_0129.jpg
西伊豆の松崎。それほど詳細な知識もなくふっと立ち寄っただけの
街だったがその建築物や左官、西洋アートに対する住民の皆さまの
熱い思いが伝わるような、サプライズの街でした。

立地的に交易が盛んで絹織物の生産地であり、必然的に裕福な商家が
あったようです。大事な資産を火災から守る為に漆喰、土壁塗り、また更に
なまこ瓦を張り巡らしその目地に網目のように石灰を盛り上げ、火災
から資産を守ったとの事でした。


呉服屋の土蔵。扉裏の竜のこて絵は長八作
NEC_0226.jpg

明治時代の木造建築で障子や欄間の細工が大変美しい
NEC_0228.jpg

街中の住宅の換気口でユーモラスに遊んでいます。
NEC_0220.jpg


古くなった漆喰壁にさりげなくアートがされてました。
NEC_0215.jpg



手前が警察、奥が留置場だった建物。モダンでした。
NEC_0210.jpg


小学校の裁縫室の欄間かべには長八の鶴のこて絵。印象的な青い空と雲。
NEC_0242.jpg


アール窓を内側からみたところ。
NEC_0248.jpg


山梨県にあった小学校の写真。モダンです。
NEC_0240.jpg


小学校の正面バルコニーを見上げたところ。
NEC_0238.jpg


なまこ壁とアール窓、和風と西洋建築が微妙にマッチした明治時代の
需要文化財小学校建築物。
NEC_0236.jpg


重要文化財指定の明治時代の木造小学校

新年明けましておめでとうございます。

昨年3月の東北大震災からの復興がまだまだ色濃く残って
いる日本列島です。経済への影響という意味では今年の方が
その深刻さが刻々と出てくると思われます。

住まいや人が暮らす空間に対する安全性にはこの震災を教訓と
して忘れないように持ち続けなければならないと思います。

しかし、人には日々の暮らしの中にユーモアや温かなものや
デザインの良しあしが大事な要素であるというのも変わらない
事だと思っています。

何れかに偏りすぎず、いいバランスで家づくりを提案していき
たいと考えております。

2012年がスタートしました。今年は是非「沖縄に住みたい」
プロジェクトを形にするように頑張りたいと思います。
また、新しい一年もどうぞ宜しくお願いいたします。
2012年 元旦 辰の年



2012年賀状 001_edited-1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。