上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 広尾駅の近くにあるスゥイーツがおいしいと評判のカフェ
ですが、店内は元の和風一軒家をお店スタッフが自らリフォーム
を手がけたということで、なかなか味わいのある雰囲気でした。
 店内、照明器具やオブジェなどは知人のアーテイストの作
らしく、パリの学生街などにあるようなしゃれたインテリアを
醸し出しているカフェです。


Bon sweets&smile (ボン スイーツ&スマイル)

スポンサーサイト
 2007年夏に竣工した個人邸だが、シャワーブース横のサッシ窓に
下げたべネシャンブラインドですが「ブラインドが上がらなくなった。」
というご連絡で、行ってみました。
 このタイプは操作の紐とスラット(羽根)の向きを変える操作が
同じスティック1本内でできるようシンプルにデザインされた商品
です。そうでない製品は、操作用のチェーン、スラット可動用の
紐、と二重のラインが下がってきます。このお宅の場合だと上部
ハイサイド窓のジャロジー操作と3本の紐が下がってくる事となります。
 
 原因はブラインドを降ろす際、一気に手を離す操作を繰り返した
ため、ストッパーのバネに負荷が掛りすぎ、軸が折れてしまったもの。

 スタイリッシュなデザインには、リスクも伴うが、それを気を
遣いながら、楽しむ・・。最初は納得していても、つい、日常の
煩雑さで乱暴な扱いになってしまいがちです。でも、やはりモノは
大事に扱うといつまでもスムーズに動いてくれます。



 12年前に草加市で新築した戸建住宅の補修内容を今年2月から
2ヶ月間打ち合わせ持ち、2社の競合見積もりの結果、今日
4/3に工事着工となりました。

 競合見積もりの結果、新築した当時の建設会社ではない他社、
こちらももう20数年のお付き合いなので、仕事の丁寧さは
解っている建設会社です。

 12年経過というところで、外壁のクラック補修、塗装、また
パーゴラや外部周りの建具、木部の補修、塗装など。腐食に強い
塗料など用い、木目を生かしながら塗っていく方法です。特に
外壁のクラック補修については4面、日射量などの違いでクラックの
深さなどの相違もあり、クラックの種類を3種類に分類してその
修復方法などを提出してもらい決定していきました。

 また、木がお好きな建て主ですが、長さが8Mもある2階バルコニーの
木部の床など腐食の大きいところは一部FRP素材のグレーチング等
で張り直し、経年に耐えられるよう配慮しました。

 築後、10年余というタイミングとあと数年後にリタイヤを控えた
ご夫妻にとってご家族のライフサイクルにうまくタイミングを合わせた
補修工事だと思います。


腐食したバルコニーが撤去されいよいよ補修工事が始まる
100416現場養生


外壁塗りサンプルが良くないのでこの後3回調整変更した
南面


 田淵真知子コーチの「コミュニケーション4つのタイプ分け」
というワークショップが3月11日に終了して、その後、日を改めて
この日の食事会となった。
 日ごろ、施主や建築関係者とのコミュニケーションをできるだけ
密にとっていきたいな・・と、思いめぐらしていましたが、その前に
自分自身のタイプ分けを知ることがまずは肝心!と気付かされました。

アメーバブログで上位にランクする田淵コーチのブログサイトは
読むだけで、「気づき」に出会いますよ!

 出席の立石真弓さんの勤務会社がプロデユース、六本木明治屋裏あたり
トラットリア・イル・フィーゴ・インゴルド(お腹一杯で太った男の意)
で、和やかな交流会を持ちました。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。