上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
西麻布の家が7月で竣工2年目を迎え、2年点検検査に
行ってきました。建物RCの打ち放し外壁はきれいでしたが
建物と一体と考えたコンクリート塀は雨だれの汚れが目立ち
ました。

屋上から3階テラスを見る
小幡屋上から

玄関アプローチ
RIMG0018.jpg

東側外観
小幡外観東
スポンサーサイト
 家々が建て込んで少しくねった道の奥に素敵な家を見つけた。ような
どこかヨーロッパ的な雰囲気を思って外壁もサーモンピンクの
塗り壁です。

 内部の塗装もほぼ塗れてあとは家具や機器類の取り付け
待ちです。全体があらわになって、一番楽しい時期でもありますが
予想外の件などが発生したりする、一番危ない時期でもあります。

2階リビングアールコーブは濃い色にして小じんまり感を狙う
RIMG0029.jpg

階段室の天井は桜色のストライプで
RIMG0027.jpg

先週、伝えた古色色はこんな風に塗られました
RIMG0022.jpg

4月上棟式の時は桜満開でした。角のダイニング窓から桜見物が楽しみ

 一級建築士事務所ピトリ・ピコリ(下島恒雄所長)は平成13年に解散式を
して、その当時の所員は各々散っていきましたが、その中で江本恵子さん
は約3年ほどピトリ・ピコリに在籍していたかと思います。

 当時から”キッチンスペシャリスト”での自立を目指し、キッチン周りの設計
にはこだわりをもった女性でした。

 江本さんはその後「株リビングプロダクツ」というキッチンメーカーに勤務を
しており、今回新作発表展示にあたり「ご意見を」というお誘いがありました
ので目黒区柿の木坂のショールームに行ってきました。

 最近は家具メーカー、建材メーカーなど皆建築業界の落ち込みとともに
商品開発などに大変気を使っています。大体設計事務所やインテリア
コーデイネーターなどにインビテーションカードを送り、細かにアンケートを
とるようになりました。

株リビングプロダクツさんは大手マンションメーカーの新築の際にシステム
キッチンや水廻り家具などを納入しているのですが、まだ、このような
高級マンションの一室に、”家具”としての”キッチン”が納入されている
のを見ると、是非これからも頑張ってほしい。と願います。

 久しぶりに元ピトリ・ピコリの仲間で情報交流をしながら、中目黒
RIGOLETTO」でスペインバルを楽しみました。

キッチンにはこだわりを持つ江本恵子さん
P1010146.jpg

店内は”アラビック”の要素が多いRIGOLETTO


元ピトリ・ピコリメンバーで久しぶりの情報交流
P1010156.jpg
 住宅のダイニング照明って、結構いいのが少ない。
イタリア製などのガラスを用いたものなど高級な器具は
あるとしても、ほどほどの金額で国産で雰囲気のあるもの
・・となると少ない気がします。

 この2点はアンテーク家具SHOP「Lloyd’s Antiques」の
シャンデリア照明ですが、あまりギョウギョウしくなくて
ダイニングのコードペンダントとしても使えそうです。 


シャンデリア クローム/ガラス
P1000055.jpg

クローム/カットガラス 1960年代

 インテリアを詩的な感じに作りたいと思い、この家は多くの
色使いでそれぞれの雰囲気を作り出そうと思っています。

 トイレの家具やカウンターなど狭い場所だけに不思議な色合いの
古色色(枯れたような雰囲気)に仕上げたいと思い、この日は
私自信が実際に塗料を塗って古澤塗装さんに実例を伝えました。

建具裏でテスト。大体こんな感じに・・
P1010136.jpg

5~6色を塗ってはウェス(布)で拭取り、古色色を制作中の菅原

 沖縄を中心にNY,日本でも北海道や東京などで活躍中の
画家「仲本京子さん」の個展開催が7/11日から16日まで銀座で
ありました。

 京子さんのアートは、小さい人達がそれぞれ沖縄の風習や
街並みの中を自由に行き来し、「楽しげ」ということと、皆肌の
色が褐色の中間色で人種の壁を取り払っているところに彼女
なりのメッセージがあるようです。

 京子さんは出身高校の後輩で、11日の個展開催日には同窓
先輩、後輩たちが揃い、ここ銀座で沖縄料理や泡盛のオープニング祝杯
をあげました。


絵の中に海や空や緑が多く登場します
SANY0001.jpg


銀座一丁目ギャッリーツープラスSANY0002.jpg

ぱいかじ銀座三丁目店

 LA在住の斎藤陽子先輩が帰国中のタイミングで、息子さんの
ダニエル斎藤さん、兄のウィリアム斎藤さんとその仲間たちの
パーテイにお呼ばれしました。

 ダニエルはサンマイクロシステムズのSEでウィリアムさんは北欧
IT企業の共同経営者、お集まりのメンバーにはあのミクシィを立ち上げた
創設者や株ミクシィのメンバー、リーマンショック時に公認会計士で勤務
していた方など、話題がジェットコースターのように刺激的でしたが、しかし
大変気持ちのいいパーテイでした。


手巻きすし準備中の陽子ママ
RIMG0130.jpg

IT、アジアを中心とした多国籍若者たちのネットワーク
RIMG0128.jpg

兄、ウィリアム斎藤さんが中心になってバカラゲームが始まる。

 この家は、外部アプローチからはもちろんのこと、内部的にも
少しづづ構成の変化に伴い、詩的な雰囲気を出す積りです。

 その表現に伴い、「色」は大切な要素と思いますが、いよいよ
塗装の下地調整が終わって、内部塗装色の打ち合わせとなります。

2階ダイニングからキッチンを見たところ

 沖縄の泡盛酒造会社の中で唯一戦前の酒造法で復活した
”御酒(うさき)”を引っ提げて、今年も瑞泉酒造の「古酒の会」
が行われました。

 3年ぶりに参加した古酒の会でしたが、益々の盛況ぶりに
大変うれしく思います。

 新任の佐久本稔社長は高校同窓だし、この東京虎ノ門のホテルで
ミニ同窓会が行えるほど古都”首里”ゆかりのネットワークは広く緊密な
ものを再認識させられました。

新社長佐久本稔氏のごあいさつ
RIMG0004_20090703011154.jpg

カンツオーネや沖縄の唄をご披露の宮良多鶴子さん
RIMG0008_20090703010832.jpg

ソプラノ歌手宮良多鶴子さんやご出席の参議員島尻安伊子氏を囲んで
RIMG0013.jpg

集まった古都”首里”ゆかりの皆さん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。