FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.02.24 地鎮祭
 敷地の隣が八幡神社さんという小向の家ですが、
この日の地鎮祭はその八幡神社の二代目の息子
さんが、式を執り行ってくれました。
 いよいよ、28日から新築工事の着工です。

建て主さん、神主さん、菅原
jitinnsai
スポンサーサイト
銀座兜屋画廊の「ラファエル展」は若い女性客で賑わっていました。
ファションモデルでアーテイストの若きラファエルさんも魅力的でしたが
作品がいい感じで、会場内に明るさが漂っている雰囲気がありました。

2008年に製造中止となった「インスタントフィルム」にちなんで、油彩で
描いた肖像画をそのインスタントフィルムのフレームに模した一枚の絵
に収めて展示してあります。

ラファエルさんと話をしていて、益々「人がいる空間」には、アートや色が
必要。ということを実感したひと時でした。

この展示会は銀座6丁目「Madame夕雨子」の25周年記念タイミングで私が
インテリア設計をした夕雨子さんからのご案内で行ってきましたが、油彩の
モデル夕雨子さんも「青」を背景に存在感がありました。

モデルMadame夕雨子さん
yuuko

作家北方謙三氏(Madame夕雨子のファンでもある)
北方兼三

ラファエル展ギャラリー風景/兜屋画廊内
ラファエロ展会場
当時2002年琉球新報社東京支社報道部長名城さんの
提案で立ち上がり、その後2006年春近藤報道部長まで
続いていた「沖縄放談会」が中断のあと、約3年ぶりに
再開しました。

しかし「移動の春」、この日も県東京事務所吉川所長や
琉球新報社小那覇記者、稲嶺さんと3名が移動となり
早々にメンバーが変わることとなりました。

昨年春NYから帰国したばかりの日本銀行国際局長沼波
さんが復帰して、また新たなメンバー構成で新しい放談会
を準備中です。


銀座8丁目「宮古路」で
090218沖縄放談会
2009.02.17 紺碧会・東京
 沖縄県酒造協同組合が毎年行っている
「紺碧会・東京」も今年で23回目になります。

 「近頃は泡盛ブームも少し落ち着き、伸び
悩んでいます。」と理事長、久米仙の島袋周仁
社長のごあいさつでした。

 しかし、この日も第一ホテル東京の会場は満員
混雑の状況で元沖縄開発庁長官の植木氏を囲んで
参議島尻安伊子氏、美ら島沖縄大使仲間の仲田さん
とで、沖縄を語らいました。

仲田さん、植木氏、菅原、島尻さん
紺碧会1

東京マンドリン宮田楽団演奏
konnpekikai2
 以前にこのブログ内の「赤坂氷川町の家」でパウダールームに
”赤い椅子を”と、ご主人からの起ってのご希望がありました。

 洗面兼パウダーカウンターは高さが80㎝あり、なかなかいい
ハイチェアが見つからなかったのですが、この椅子は座面が
桐材で全体重さが1.6kgと大変使い易い椅子です。

 シートハイを55㎝と特注し、座面の桐材を「朱赤」に塗って
もらいました。

 毎日リフレッシュする空間での「色」や「素材」「形」など
本来もっと気を使うべきですね。目した家具から「パワーもらえる赤を!」
とご希望なさったご主人からパワーを頂きました。

出来上がってきた赤い椅子
syuppann kinen
まだ住宅のほうは着工の前だが、この日は庭つくりに向けて
「風花」の石原和幸氏と打合せをもちました。

施主のご主人がTV番組「ソロモン流」に出演なさった石原氏を
見染めて、この日3者での初打ち合わせです。

石原氏は長崎県のご出身ですが沖縄の植物生態系復活にも
積極的に尽力している方でした。私の美ら島沖縄大使としての
想いなどとも非常に接点がある気がして、何か面白いことに
ならないか・・と期待しているところです。

3者で記念撮影
090207石原2

石原さん、到着するなりぱぱっとアレンジメントを作ってしまいました
090207石原
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。