上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ICU(国際基督教大学同窓会)メサイヤ演奏会に初めて
出かけました。きっかけは写真右端影山氏の奥様が合唱で
出演なさるというので皆で駆け付けたものです。

 ヘンデルのメサイヤはこのところ「ハレルヤコーラス」でメジャー
な感じですが、聖書のことばで書かれた詩を全編通してコーラスで
聴くと何とも言えない静寂なひと時でした。

 演奏会のあった杉並公会堂は狭い敷地を最大限有効活用した
市民に身近な音楽ホールで、簡素だが上品なコンサート会場でした。
シニアカップルが多いのも頷ける感じです。

 影山氏のご案内で「イタリア亭コロンブス」で。ネオイタリア料理+現代
フランス料理、ということですが、渡り蟹パスタのソースやピッツアの野菜のこしらえ方が丁寧で豊かな・・・感じです。7時過ぎで超満員の店内でした。

イタリアビールが案外おいしい
080927mesaiya
スポンサーサイト
 中央区内マンション計画も終盤に差し掛かり、ここまでに
デベロッパー誘致の建替え案と、大規模修繕+耐震補強
工事案で検討を重ねて先日マンション理事会総会へ、資料
などを提出しました。
 結論から言いますと、この計画がスタートしたのが今年の
4月、その後7,8月頃、デベロッパー倒産などが相次ぎ、
また建築資材高騰、不動産市況の低迷などあって一般的な
計画では住人の皆さんとのニーズの溝が埋まりません。

 この日は、全くこれまでとは違う視点で、計画のスケール
ダウン、半コーポラテイブ、半デベロッパー誘致と、私たちの
周辺ネットワーク総動員を予定して、計画案の変更打ち合
わせを持ちました。

 打ち合わせ相手の清水氏も先月勤務先が民事再生の
適用を出した都市デザインシステムに在籍していて、10月
1日から新会社に移行するそうです。建築・不動産の業界は、
彼のようにタフで柔軟でなければ生き抜いていけないのかも
知れません。

所内ミーテイング(桜庭と清水氏)
0925明石町フラッツM
 WUB東京9月例会はビジネス交流ということで、会員で脚本家の
佐々木大輔氏にご自身のビジネスを語って頂いた。

 なんとテーマが「ナツコの映画化」 現在脚本執筆中で、なんとか
著者、奥野修司氏の”ご快諾を取り付けねば!”というプロジェクト
進行中の講演でありました。

 「ナツコ」と言えば、以前このブログにも書いたことがあるが
発端が銀座6丁目マダム夕雨子で著者奥野修司氏をお招きして
”それぞれのナツコを持った女性たち”が集結したことがあった。

 佐々木氏の熱意が実り映画化が決定の暁には、きっとWUB、いえ、
OKINAWA,がもっともっと広く深く、伝わっていくことでしょう。

ビジネス交流会(若夏荘)
0820sasaki

講演後、懇親会での佐々木氏
0820懇親会




 子供部屋が発端ではありましたが、「リフォームをしたい」の深層心理というのは
以外と他の点にあったりします。元麻布のマンションの場合は、
1.居間とダイニングが使い勝手の割に、収納と家具の配置が理に叶っていない。
2.お子さんの成長に伴い、アルバム類や学校の資料などをまとめて置く
 場所がない。また、取り出しにくい。
3.日中、奥様の家事仕事をこなせる場所がない。又、中途作業でも来客に気兼ね
 したくない。

などが、子供部屋改修工事以外に、実はご夫妻の悩み事でもありました。

解消方法として、居間とダイニングの中央に堂々とワークスペースを設置、家事コーナー
とし、ダイニングの壁面も古い家具再利用してさらに多くの収納を設けました。
かなりの量のアルバム類がおさまり、来客の際にはすぐ取り出せるので、便利です。

After:以前のblogでご紹介した、事務所内でアクリルパネルにカッテイングシート張り
したものを、今日そのパネルを現場に取り付けました。/少しアートな感じで。
hirotokitinnpaneru

After:アクリルパネルはダイニングからの採光をキッチン内部へステンド
グラス透過したように光が入ってきます。また細い隙間を通して
ダイニングの様子も窺えます。/正面のクラシック家具を壁面収納で囲む。
hirotokittinndaininngu

After:ステンドグラスだけどモダンなデザインなので全体に落ち着きの
あるリビングの雰囲気になったと思います。
hirotosutenndogurasu

After:アール家具は家族のPCコーナー。日中はデスク下のカウンターを引き出し、
奥さまのアイロンがけコーナーにもなる。
hirotowa-kuima

Bifore:ダイニングから居間。改修後は中間にアール型の
ワークコーナー(上写真)を設置する。右奥は移動前のクラシック家具。
hiroto bifore
 よくあるキッチンとダイニング間のハッチ空間が大変使いにくいので
その空間をFIXに・・・というところで、「採光も取れ、ダイニングの
様子も見え、しかも簡単に外せるパネル」の提案です。

 家具屋さんに透明アクリルでパネルを作成してもらい、カッテイング
シートを事務所内で張りました。上部3点、化粧ビスと両脇振れ止め。
現場への取り付けが楽しみ。

(張りあがったキッチン前のアクリルパネル)
080901廣戸パネル作成
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。