FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 「花冷え」という美しい言葉も使えない程、
暖冬の当てが大はずれで寒さ続きの東京です。

 事務所から日比谷線築地駅に向かう間に
いつも通り抜ける写真の築地川公園ですが
今日の蕾はご欄の通りまだまだ硬かったで
すね。でもこの公園ではキャンピングに
開放してたりするので、桜のない先週末にも
花見客が炉でバーベキューを愉しんでいま
した。


(築地川公園の桜)築地川公園の桜
スポンサーサイト
2005.03.29 六本木の蜘蛛
 六本木ヒルズヴァージンシネマを出て地下鉄を
探してると巨大な蜘蛛に遭遇します。夜にならないと
気づかない所がミソで、その真下を歩いて、ふと影の
異様さに「えっ?」と上を見上げてしまうのです。

 今日のシネマは「サイドウェイ」二人の男と二人の女
のありのままを演じていて素敵な映画でした。カリフォルニア
のワインロードの自然も良かったけれど、ありのままに
生きる人はもっと素敵に見えました。映画で飲まれていた
「ピノ・ノワール」が飲みたくなりました。


(六本木の蜘蛛)
六本木の蜘蛛
仕事がらコンピューターの前に座りっぱなしか
建築現場で立ちっ放しという、健康面ではあまり
いい環境ではありません。知人に紹介して貰い
写真の原宿リビンビル内の「神宮前鍼療所」
hari@jingu-ac.comに腰の治療に通いだし
ました。所がこちらの岡田先生は足のトラブルを
鍼灸で直してしまうことで有名な先生で、今は
もっぱらハイヒール症候群?による指先にお灸を
して貰ってます。「足腰」という位、密接な
関係なんですね。足にトラブルのある方、
一度メールしてみてはどうでしょう
?

(原宿リビンビル)
原宿リビンビル
 3月、4月という季節は
人事異動なども多く歓送迎
会などの為に良く霞が関
ビル33階
を利用することが
あります。


下の写真は最近リニューアル
された霞ヶ関ビル1階のポケ
ットパークがライトUPされ
た様子ですが、このように
最近のビル街にはわずかな
敷地にうまく木の遊歩道を
敷き人工的ではあるけど植栽
の緑とライテイングを上手に
取り入れた例が増えたような
気がします。

夜景が美しい街は大人の風情
がします。


(霞ヶ関ビル1階)
霞が関の夜景
 今日が健康博覧会2005の最終日でした。
年々出展社が多くなる健康食品分野ですが
年々ハデにもなってきて一兆円産業と言わ
れています。まあ、健康への感心が高まる
ことは喜ばしいですね。

 久しぶりにフェリーに乗って海路で帰ること
にしました。さっきまで中で駆け巡っていた
建物を、こうして海から引いて眺めると何かが
フェイドアウトしてくようでいいですね。
展示会の最終日はいつもこんな感じです。


(東京国際展示場-東京湾から)海から見た東京国際展示場
 数時間前まで写真の診察台に居た本人と
しては、その癒しのインテリアパワーをお
伝えしたいと思います。

 川崎駅前にある根津矯正歯科クリニック
根津浩先生とのご縁はもうかれこれ5~6
年に遡りますが、2001年の改修デザインに
携わって以来、今は患者として初体験の
虫歯以外で歯の治療を受けております。

 事前に説明は受けるも長年親しんで
(?)きたこの歯型が一体どうなっていくのか
??という一抹の不安を抱きながらの診察台
ですが、時折口を濯ぐ際に見やるこの壁の
深い色合い、植物の版画、又静かな音楽に
一瞬安らぐ思いがします。

 机上の空論とはよく言いますが、空間
の計算だけでなく、結局はクリニックの
皆様の思いがこの安らぎを作り出してい
るものと感心しました。

 写真のワゴンに器具類一式が収納され
ていますが、その抽斗を縦横に駆使し
「う~ん、これはちと難しいぞ。」
なーんて呟いてる根津先生は、殆ど大工
の棟梁と同じく職人技なんですね。


(治療の一瞬、ほっとする壁面)
クリニックのインテリア
 3月の展示会が終わり、又秋の展示会にむけて出展コマの
チェックも終わりました。 国際展示場前駅からの夕日。


0504ゆりかもめ夕日

2005.03.17 岡永倶楽部
「春の宵、日本酒と相性のいい肴を楽しむ」
というタイトルで地球女倶楽部イナンナの
弥生例会が今夜ありました。イナンナ会員の
利酒師で調理師の免許も持つ伊吾田徹氏
が、会員となっている隠れ家の岡永倶楽部
テイステイングルームをアレンジしてくだ
さいました。
 
 日本橋高島屋セミナーで講師としても
活躍中の店長村越岳夫氏(利酒師・ソムリエ)
が酒とお料理の解説をしてくださり、希少な
機会を20数名で楽しみました。全くの会員制で
HPもないのでご紹介ができず残念ですが、地ビール
のウェルカムドリンクから、最後のデザート用の
お酒まで8種類の日本酒でホロ酔いの宵です。
 
 焼酎やワインなどに押され気味の日本酒ですが
季節の日本の食材との相性はこれ以外にありませんね。
 地球女倶楽部イナンナと今日の”美酒鍋”に
ついては、又次の機会にご紹介します。
 本日4/16~18まで、健康博覧会2005が東京
BIGサイト
で開催されます。3年前から
(株)沖縄発酵化学社の出展ブースをデザイン
させてもらっていますが、年々出展社が増え
今年は533社だそうです。
 今回話題のシルベスタ・スタローンのサプ
リメント″リーンファイヤ"は、何と我が沖縄発酵化学
さんの向こう正面で、ハデに展開しております。
「ロッキー」のテーマミュージックに乗って、
沖縄のフコイダンやウコンもパワーUPしそうな
感じです。



 明日から東京ビッグサイトで開かれる「健康博覧会2005」の
展示ブース最終チェックの帰りの夕日です。

0504ゆりかもめ夕日2

 昨日14日は大手町日経ホールで行われた
「中国を愉しむ」というセミナー+トーク
セッション(日経カルティベーション倶楽
部)に行ってきました。お昼2時~の開演
ですが中高年、特に男性が多く圧倒されま
した。
 中国5千年の歴史とも言われる中で、騎
馬族に制覇された後はお膳に横置きだった
箸が縦置きに変わったり、茶葉ごと食べて
いたのが上澄みを飲むようになって、茶道
具が変わってきた事など。
 「中国に通性はなし」という、鶴間和幸氏
の基調講演はなかなか愉しかったです。
 「悠久の中国」なのか、リタイヤ後の夫婦
旅行リサーチなのか、身近にいらっしゃる中
高年男性のカルティベートに対する意欲を
感じた午後でした。


(大入りの会場風景)中国をもっと愉しむ
2005.03.11 竹下口の周辺
 最近、明治通りを歩く機会が増え、改めて見回すと
随分高層ビルが増えました。なるべく竹下通りは
迂回しますが、20年位前はクリエーター系の事務所
が多く、原宿駅から事務所行くのに十数分も掛かる
頃から事務所移転が始まりました。
 竹下口交差点角にH19,3月完成予定で23階建ての
高層ビルが完成します。その頃には又、街の主役が
変貌するかも知れません。


(竹下口交差点角)竹下口の周辺建物
 「沖縄マインドの集い」は沖縄県琉球新報社
「沖縄マインド」というコラムに掲載された
沖縄県出身者の企業とそのビジネスチャンス
を考える県内企業とのビジネス交流会で、今回が
5回目となります。
 先に「エルダービジネス(団塊世代のマーケ
テイング戦略)」講師(株)博報堂 坂本節郎氏
の講演を聴きました。
 確かに今までの一億総バリヤーフリービジネス
というのも変だと思ってましたが、エルダー世代
へのビジネス視野は興味深いですね。彼等の時代
背景を考えた上でのもの作りを痛感しました。
 沖縄県牧野副知事の話にもあった、「他より
優れている面をもっと見てもっと伸ばそう」
という視点と共通しているかも知れません。
 今日のような陽気は近所の隅田川テラス
などの散歩に持ってこいの日和でしたが、こんな
日はたいてい仕事が溜ってるものです。
 ユニットを組んで仕事をしている櫻庭さんとホーム
ページのリニューアルやらブログの事で丸一日、ミー
テイングしてました。近々、より中身の濃いホームページ
に生まれ変わります。またブログをはじめるキッカケは
ある催しでお会いしたTINGARAの石島さんでした。
「ブログ仲間になろうね」と言ったきり、
2年が経ちました。石島さんごめんなさい。
ハワイにはこのように樹形がきれ
いな街路樹が目につく。

木陰に飛び込むと涼やかな風が
吹いて一息つけるのですが、同じ
亜熱帯気候である沖縄県ではこう
はいきません。昨年も史上を塗り
替えるほどの大型台風のメッカ。

「ハワイから移植したゴールデン
シャワーのハンサムな木が見る影
もなくなりました。」と沖縄のクラ
イアントが嘆いておられました。
風土がその土地の景観を作り出し
ていく様には否応なく納得させら
れます。


(オアフ島の街路樹)
ハワイのハンサムな木            

               

              
5日土曜日は知人のお誘いで銀座プランタンの
真後ろ、出来立てのZOE銀座ビルに行ってきました。
ビルの外観は流行の無機的フロストガラス張りですが、
目的の銀座ZOE 「餉餉」 は土間のような床に
「自然式食堂」的趣向で、こだわった食材を
ビュッフェスタイルで提供してました。
食傷の都会人には、懐かしく癒されるMENU構成かもしれません。
又響きもレトロですが、地階に「ナイトクラブ」も
オープンしたようです。レセプション出席の方々も
老舗割烹やクリエイターが多数いました。
2005.03.04 雪景色
 3月には時々雪が降る東京だけど、隅田川近く
のビル街に引っ越してからは初めての雪景色です。
今朝の粉雪に霞むビル群は、普段の外壁カラーも
モノトーンで墨絵のようでした。


 一方昼からは建設サイドとの打合せ移動で高崎線から
田畑と山並みを眺めました。雪の白さは普段の景色の
遠近感がなくなり、日常の風景から一瞬トリップ
した感があります。雪害に苦しむ地方のことを考える
と無邪気に楽しめませんが、一瞬にして風景を変えて
くれるマジシャンです。
 はじめまして。今日から初ブログのスタートです。
日々の出来事や出会いから建築や空間のイメージに
結びついていくような事柄をスケッチ的に残していこう
と思っています。


(沖縄県/八重岳の緋寒桜)<a href="http://image.blog.livedoor.jp/ree117/imgs/d/e/de1ec006.jpg" target="_blank">八重岳の桜-5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。