上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 「草屋根と色づかいのエコの家」はこれで二回目の取材を受ける。
今回は小冊子だが、カメラマンが、その奥さまとご一緒に取材に
来られた。前の日は設計者の私へ電話での取材があったが、いろいろ
説明するうちに「行くのが楽しみで、わくわくしてきました~」と
仰っていて、思わず笑ってしまいました。

 だいぶ色遣いが多いのにに驚かれたようだが、「居心地がいいですね」
と、予定より、かなり時間オーバーをして帰っていかれたようだ。 
取材の様子を施主の奥さまからご連絡があり、話が弾みすぎて
1時間半くらい、オーバーしてしまいましたー。」と嬉しそうに
話してくれました。


居間からキッチン、ライブラリーを通してダイニングコーナー
さらに、隣地の桜並木を臨む。住宅全体で40色以上の色使いのうちの一部です

スポンサーサイト
 施主のご厚意で詩的な家・小向の小住宅新築の完成打ち上げ会が
汐留、コンラッド東京チャイナブルー28F で行われました。

 プロジェクトのスタート時点とはまったく目的の違う建物に変更して
いったエピソードなど、懐かしく、この1年を振り返りました。

 プロジェクトを3者で一様に振り返るということは、大変大切な機会だと
思います。住み始めて、これからが長い付き合い、家も人間たちも、と
いう事ですから。

 28Fのチャイナブルーはミシュランガイド東京で一つ星を獲得したレスト
ランですが、洗練された広東料理が素敵なテーブルセッテイングで供され
天井高さ8メートルの空間とレインボウブリッジの夜景がゴージャスなレスト
ランでした。

右から施主、設計、制作の順で

 8月21日、22日と小向の家オープンハウスを
行いました。2日間で、15名のご来場者があり
大変ありがとうございました。

ご来場の方々からのコメントがなかなかユニークで
いろいろ勉強になりました。


神社境内からの外観


2階オープンキッチン
RIMG0015_20090824030448.jpg
新築竣工の検査も終わり、今日は施主への器具など取り扱いの
説明日です。 とくにオール電化にしたこの家は、リモコンや機器の
説明に十分な時間を取りました。


キッチン機器類の取り扱い説明
根津とりせつ
 家々が建て込んで少しくねった道の奥に素敵な家を見つけた。ような
どこかヨーロッパ的な雰囲気を思って外壁もサーモンピンクの
塗り壁です。

 内部の塗装もほぼ塗れてあとは家具や機器類の取り付け
待ちです。全体があらわになって、一番楽しい時期でもありますが
予想外の件などが発生したりする、一番危ない時期でもあります。

2階リビングアールコーブは濃い色にして小じんまり感を狙う
RIMG0029.jpg

階段室の天井は桜色のストライプで
RIMG0027.jpg

先週、伝えた古色色はこんな風に塗られました
RIMG0022.jpg

4月上棟式の時は桜満開でした。角のダイニング窓から桜見物が楽しみ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。